神社の夢を見た。

神社の夢を見た。

いつも定期的に見る神社の夢で、地形はこの世と一緒なんだけど建物とかは違う世界なんだ。

山とか川の地形は一緒で、地元だったんでその神社が久山にあるっていうのは直感でわかった。

それで、自転車に乗ってその神社に行くんだけど到着すると、神主さんに「ようこそいらっしゃいました」と言われて、境内の西側にある石碑に案内された。

そこには、2列に並ぶ石碑がずらずらと並んでいるのだけれども神主さんが、「あなた様が担当するのは、こちらの神様と、こちらの神様と、こちらの神様と・・・」と神様の名前を告げられて確か、6か7つの神様を告げられた。

が、残念ながら起床と同時に神様の名前を忘れてしまった。

なんでも、古い神様なもんで忘れ去られないように、そして活性するように担当を割り振っているようなのだ。

その後、社務所に案内されて神主さんから、「あなたの他に若い方もいらっしゃるのですよ」と、前田さんという20代くらいの青年を紹介された。

私は、軽く会釈をし、前田ということは物部系かしら?とかなんとか考えて、このように担当している人が他にも数十人いることを理解した。

↑という、すっごい不思議な夢をみたんです!!(;・∀・)

それで、実際に久山に夢と同じ神社があるのかな?とネットで調べてみたんだけど

審神者神社というのがあってその南側に六所宮跡というのがあった。

こ、これかなぁ~?(´・ω・)わからない。

ただ、夢から覚めた後、猿田彦かな?とふと思った。

とりあえず、夢で見た光景をマンガタッチで絵を描いてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です