ガーデニアのマグネシュウム欠乏症克服

ガーデニア(クチナシ)

我が家のガーデニア。

2021年春に苗をお迎えしたのですが

日が経つにつれて、葉がだんだん黄色に・・。

調べたところ、マグネシュウム欠乏症のようでした。

今回、ガーデニアのマグネシュウム欠乏症を克服したので、その経過報告を記したいと思います。

2021年4月15日

とても香りの良いガーデニアを

我が家にお迎えしました。

開花後は、摘花をすぐにしていました。

2021年5月13日

外にて管理していたのですが

下の葉からだんだん黄色く変色しはじめました。

黄色くなった葉は、その後取れていき
みるみる葉が無くなり、寂しい状態に。

この症状をネットで調べた結果

「マグネシュウム欠乏症」と思い

マグネシュウムを投与。(既定の量)
(※土壌がアルカリに偏っていましたので酸度調節もしました)

その後、2か月くらいは葉が生えることなく変化なし

2021年8月11日

マグネシュウムを投与してから2か月程経った頃

突然、新芽がではじめました。

その後、どんどん新芽をだして

葉が落ちて禿ていた部分も新芽がでて

青々とした状態に戻りました。

無事に、マグネシュウム欠乏症を克服したようで

その後、秋にかけてまだまだ新芽がでてきており

冬越しにかけて、準備をしているようで

元気いっぱいであります。

元気になったようで、本当によかった(*´ω`*)





来年また、素敵な香りのお花を
みせてください♡
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です